ロゴ

幼児期に英会話習得をするメリットとは

小さな頃から英語を学びはじめると良いメリットは、大人になってから英語を学ぶよりも早く身につけることができるという点です。言語には臨界期という境目となる時期があり、一定の時期を過ぎてしまうと言語の習得が難しくなる時期が訪れます。日本人には耳慣れない発音や単語の聞き分けなどは早期教育となる幼少期に触れておくことは英会話を習得するには大切なポイントとなります。ですから、お子さんがいる方は小さいうちに習わせておきましょう。4歳以上から始める英会話教室や教材があり、その年の子を持つ方にはぴったりです。楽しく学べると、上達も早いので見守る親御さんもびっくりするかもしれませんよ。

アフタースクールとプリスクールの違い

子供を守り、才能を見つけ出すきっかけとなるアフタースクール

放課後友達と一緒に遊ぶことが少なくなってきた子供の居場所を作り、孤独な子供を減らすためそして犯罪から子供を守るための場としてアフタースクールは展開されています。遊び場として展開されているだけでなく、市民が先生となり料理や音楽などを子供たちと一緒に行い、さまざまな体験をして子供の好きなことや得意なこと見つけ出す場として時間を過ごしています。

英語を学びながら教育に力を入れているスクール

プリスクールは、本来は5歳以下の子供が通う保育園や幼稚園のことですが、日本では0歳児から小学校入学前までの子供が英語を学ぶ場所として提供されています。一般的な保育園や幼稚園よりも、リトミックや絵画などのさまざまなカリキュラムが組まれていて教育内容に力を入れています。

まずは見学に行こう!

英会話スクールは新宿など都内には豊富にあり、インターネットのサイトや広告などだけでは選ぶことが難しいため、見学をしてスクールの雰囲気をチェックしてみましょう。自分のスクールを利用したいという目的と合っているかは見学しなくては確認することはできません。入校してから違っていたということがないように体験スクールを積極的に利用しましょう。

大人になって英会話を習得しておけばよかったと思ったきっかけベスト3

女の人

海外旅行時のコミュニケーション

現在海外旅行時にツアーで観光地を訪れるだけでなく街での買い物や地元の人との交流を楽しみたいという人が増えています。海外旅行時に地元の人とのコミュニケーションを取りたかったと英会話の必要性を感じる人が多くいます。

企業の国際化が進んでいる

外国企業との取引や日本の企業であっても海外のかたの採用を積極的に行っていることから、就職や転職時に英会話スキルの必要性を感じている人も少なくありません。最近はTOEICのスコアを重視する企業も増えています。

観光客のかたへの対応をしっかりしたい

多くの外国人の方々が日本に訪れているため、道や電車を聞かれる機会が増えています。最近は観光地以外にも多くの外国人のかたが訪れ、自分の生活圏内でも聞かれる機会も多くしっかりと対応できる力が必要と実感する人が増えています。

様々な体験をしながら英語を学ぶ【英会話を楽しみながら学習】

アルファベット

子供向け英会話スクールの相場

月の平均は7,000~9,000円が相場となっています。スクールの授業内容は基本的にはどこでも似ていますが、差が出る理由は、講師が日本人なのかネイティブという違いが大きいです。また利用する教材やグループなのかマンツーマンなのかのレッスンを受ける人数、レッスン時間によっても異なります。教材費はスクールによって異なるためわかりにくく、さらにネイティブから学ぶマンツーマンレッスンの価格が高額になりがちで、1分100円が相場となり1時間では6,000円はかかることになります。なるべく費用を抑えたいというときには、個人スクールが比較的安価な金額で、教材費も価格が抑えられています。個人スクールであっても、月に一度はネイティブの先生のレッスンも受けることができるなどの対応もあります。さらに価格を抑えたいというときには、オンライン英会話も子供でも利用することが可能です。検討してみましょう。

広告募集中